本物 ダイワ 兆 (きざし) 7 / へら竿 (O01) (D01)-ロッド・竿







■お買い物の前にご確認ください ⇒ 在庫表示/配送/送料等のご説明

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

この商品の他のタイプを見る



商品情報ダイワ グローブライド DAIWA 兆 (きざし) 釣竿 ロッド へら竿 ヘラ竿 へらぶな竿 ヘラブナ竿

「兆」という銘にノスタルジーを感じ、そして何か特別な思いを抱く方も多いのではないだろうか。今から40年前、おりしも時代は空前の釣りブームが沸き起こっている最中、へらぶな釣りにも変革と発展の波が怒濤のごとく押し寄せてきていた。まさにそんな熱い時代の真っ只中、「兆」はダイワ初の高純度カーボンロッドとして産声を上げる。そして、軽量・細身・剛性が三位一体となった釣り味は多くのファンを熱狂させ、新しいへらぶな釣りのスタイルを確立させる原動力ともなった。

「兆」とは、ダイワカーボンへら竿の「原点」。それは同時に新たなる挑戦の始まりでもあった。「兆」は日進月歩で進化するへらぶな釣りにおいて、新素材や調子、そしてデザイン面に至るまで常に新しいものを模索し、提案し続けたへら竿の革命児とも言える。

「兆」とは、ダイワへら竿の「挑戦」そのもの。その銘は時代をリードしてきた数々の名手たちの右腕として活躍することでいっそう真実味を増し、新しい世界への扉を開かんとする次世代の象徴として、「兆」という名は燦然と輝き続けることになる。

そして・・・「兆」誕生から40年、ここに「兆」の銘が再び表舞台に立つ。現状に満足することなく、新たなる挑戦を。 へらぶな釣りが成熟味を増した今、改めて原点に返り、これからのへらぶな釣りを見定める期(とき)がやってくる。斬り開く、新たなる個性。鮮やかな朱の衣をその身にまとい、全く新しい新感覚領域へと足を踏み入れる竿。そう、やはり「兆」は革命児なのである。積み上げてきた誇りを胸に、しかし、現状に満足することなく、見たことも感じたこともない全く新しい世界へと、勇気を持って・・・。今、「兆」は「確信」へと変わる。

  • 動画をダウンロード・編集・再生
  • 写真と動画をクラウドに保管して管理
【送料無料】PANASONIC NKY490B02 グレー [電動自転車用リチウムイオンバッテリー(6.6Ah)] 【同梱配送不可】【代引き・後払い決済不可】【沖縄・北海道・離島配送不可】
Windows XP、Vista 用 RealPlayer | TNI(ティーエヌアイ) カセットスプロケット アルミコグ マットゴールド カンパ10s (限定品)【自転車用】 | スマホ・タブレット・STB用
(1)【中古】【送料無料】がまかつ がま磯 RX 1-82 (1号-8.2m) - 利用開始の手順 - シティサイクル シオノ ターボラバー 26 内装3段 オートライト (オレンジ) 2018 SHIONO TURBO LOVER 263 塩野自転車

本物 ダイワ 兆 (きざし) 7 / へら竿 (O01) (D01)-ロッド・竿

【メジャークラフト】NEW トリプルクロス イカメタル TCX-S702M/NS [大型便]

クラウドに写真もアップロードできるようになりました。大切な写真も動画も、安全に保管しておきましょう。

本物 ダイワ 兆 (きざし) 7 / へら竿 (O01) (D01)-ロッド・竿

スマホでも、タブレットでも。

新機能:ショートムービーの自動作成・編集

本物 ダイワ 兆 (きざし) 7 / へら竿 (O01) (D01)-ロッド・竿

RealCloud:写真と動画専用のクラウドでできること

本物 ダイワ 兆 (きざし) 7 / へら竿 (O01) (D01)-ロッド・竿

Wi-Fiで同期して再生・コピーする

詳しくはこちら

本物 ダイワ 兆 (きざし) 7 / へら竿 (O01) (D01)-ロッド・竿

SELLE ITALIA(セライタリア) SLRキットカルボニオ[サドル・シートポスト][レーシング]

RealCloud に保管してある写真と動画は、スマホなどの各デバイスからも表示・再生・ダウンロードできます。
スノーピーク ランドブリーズ2 インナーマット TM-632

クラウドの容量を増やす

無料で容量を増やせます。また、容量を追加できプレミアム機能も使えるプレミアムプランもご用意しています。
ブルー, グレート クオリティー ボート カバー FOR TAHOE Q4 SS I/O 2008-2012 (海外取寄せ品)

カンパニョーロ Campagnolo スーパーレコード SUPER RECORD エルゴパワー シフトレバー EP15-SR1C 11s

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る